横須賀美術館再訪
土曜日は、大学の同窓会、女性フォーラムと言う、女性OBによる、横須賀美術館の見学会があり、男でもOKと言うことなので、参加してきました。

海から遠望
僕は、横須賀美術館へ行くのは、これで3回目になりますが、何時行っても良い美術館だと思います。
今回は、みんなで近くの料理屋さんで食事をしてから、海沿いのウオークボードを歩いて行ったのですが、海の景色と、ガラス張りの建物のコントラストが、とてもきれいです。

吹き抜け越しに地下展示室を見る
中に入って、地下からの吹き抜けに架かった空中廊下を渡っていると色々な音が聞こえてきます。後でわかったのですが、地下の展示室に、さまざまな音の出るオブジェが並んでいて、誰でも自由にこれを棒で叩いて、音を出すことが出来ます。
「ちょっと現代音楽の演奏者になったみたいだね」と言いながら、みんなで結構夢中になって叩いていました。

美術館の建築は、SANNAの金沢21世紀美術館あたりから、観客も参加するスタイルのものが出てきて、この横須賀美術館や、西沢立衛の十和田市現代美術館なども、アートに身近に接することで人気を呼んでいるようです。
美術に限らず、現代芸術は観客もクリエーターの一部と言う考え方がずい分前からあります。マルセル・デュシャンや、アンディー・ウオホール、音楽ではグレン・グールドなどもそのようなことを言っています。今まで、美術館がそれに追いついてゆかず四角い箱ばかりを作っていたところも有り、ようやく建築が追いついてきたといえるのかもしれません。
天井裏から海が見える
ガラス屋根越しに海を見る


この日、もうひとつ嬉しかったのは、ポップアート展が開催されていて、僕の好きな、ロイ・リキテンシュタインや、アンディー・ウオホールの作品が見られたことでした。

横浜中華街
帰りは、女性陣と分かれて、参加した男3人で、横浜の中華街で中華料理をつまみにビールを飲みに。夜の中華街は、ちょっと異国情緒があって良いですね。
美術と、おいしい料理と、贅沢な一日でした。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/428-956ffcce
trackback