JIAトーク-新良太
昨日は、神宮前にある建築家協会のホールで、「JIAトーク」と言うイヴェントがあったので、仕事が終わってから行って来ました。

新良太

写真家の新良太さんの写真スライドと、話を聞く会です。新さんは、僕と同じ法政大建築学科の出身で、新進気鋭の写真家として、注目を集めています。

最初に見せてもらったのは、春日部市にある巨大な地下貯水施設の工事中の写真を撮り続けたもので、コンクリートの圧倒的なマッス、仮設の錆びた鉄骨の造るラインなどが、魅力的な作品群です。
又、夜景の観覧車を、露光時間を変えて、さまざまな光の変化を見せるものなど、日ごろ我々が考えている写真とは違った、表現が興味深いものでした。

飛んでいる、蜂や蝶、雪や水中の泡、炎、煙などの一瞬の姿を、さまざまな角度から捉えたシリーズは、スライドショウで見せてもらうことで、一つながりの物語を見るように美しく、楽しいものでした。
スライドショウで使われる音楽の選曲も、写真とよくマッチして、画像の流れを気持ちよく見ることが出来ます。こういうときの音楽も大事ですね。

スライドショウの間に、彼が愛用しているシノゴのカメラを実物を見ながら、使い方、その特徴の説明を受けたり、デジタルカメラで撮った写真をパソコン上、フォトショップで加工する方法などを教えてもらうなど、実際的な話なども有り、内容の濃い講演会でした。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/431-e7222615
trackback