成田の現場―インナーサッシ取り付け等
昨日は、成田のリフォームの現場へ行きました。
この家は22年前に僕が設計した家なのですが、その時も今回のリフォームの打ち合わせも毎回車で来ていたので、電車で行くのは初めて。
日暮里から最寄の宗吾参道駅までは京成成田線で40分ほど、実は車で来るよりもずっと簡単なことがわかりました。
宗吾参道駅

宗吾参道は、義人として有名な、佐倉宗吾の霊廟があるところです。
駅前は、実にのんびりした景色です。ここから現場までは歩いて20分ほど。

現場では、朝からやっていた、インナーサッシの取り付けが終っていました。既存のサッシの枠の内側に、あらかじめ採寸して製作したインナーサッシをビスで留めて取り付けるだけなのでいたって簡単です。
今回は、飼っているワンちゃんの鳴声がご近所の迷惑にならないようにと言う、防音が主目的ですが、もちろん断熱効果もかなり上がるはず。2階の窓全てに取り付けたので、住宅版エコポイントもかなり付きます。
ただ、デザイン的にはサッシ枠が二重に見えることと、開け閉めが二重になるのが少し気になりますが。
インナーサッシ


小さな窓にはインナーサッシではなく、ガラスをペアガラスに取り替えるようにしました。ただ、ペアガラスは厚みが厚くなって、そのままでは古いサッシに取り付けできないので、アルミのアタッチメントを付けています。その為にぐるりと1cmほど枠が廻って、ガラスが小さくなっていますが、あまり気になりませんでした。
アタッチメント付きペアガラス


お風呂も浴槽が古くなって、傷が目立つので取り替えることにしました。床のタイルも、表面に付着したガラス質で、滑りやすくなったということなので、ついでに貼りかえることにしました。
浴槽取り替え工事

ここのご主人は体が大きいので、お風呂は広くとってほしいという要望が元々あったので、3畳ほどの広さがあります。今見ても、広々として気持ちよさそうです。新しい浴槽と、タイルの仕上がりが、楽しみです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/466-ca011dc0
trackback