神田川の桜は満開

今日は、昼休みの食事のついでに神田川の桜を見てきました。

神田川の面影橋から、江戸川橋にかけては、川の両側から桜の枝が川に張り出して、桜のトンネルの中を川が流れている感じで中々見ごたえがあります。
川の上の桜のトンネル

満開の桜は、すでに散り始めて、お花見の散策をしている人たちの上に花びらを降らせていました。
水の流れがピンクに染まって、これもまた風情のあるものです。
川を流れる花びら

途中、第二江戸川橋公園へよりました。ここは、江戸時代、細川家のお屋敷の庭だった所。都心とは思えない、池あり、山ありの自然たっぷりの庭園です。山の上のほうに「永青文庫」があり、これは細川家の古文書館になっています。
第二江戸川公園

帰り道に、都電の線路を渡って、「甘泉園」の庭園を抜けて、戻ってきました。
甘泉園は、徳川後三卿のひとつ、清水家の下屋敷があったところだそうです。新宿区のこのあたりは、江戸時代の歴史を残しているところが、色々あります。
甘泉園
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/488-c11bc639
trackback