根岸の家―壁の配筋検査
昨日は、根岸の家へ壁の配筋検査に行きました。

壁の配筋検査

先週、1階壁の外側の型枠が立ち上がったところに、今週は鉄筋の配筋がほぼ終わっています。次に内側の型枠を作るわけですが、内側の型枠を立ててしまうと、鉄筋の状態がよく見えなくなることに加えて、問題があったときに直せなくなるので、この段階で配筋の検査をするわけです。

窓型枠

四角い枠が入っているところは、窓が来る所で、コンクリートを打って、型枠をはずすとここに窓用の穴が開くわけです。周りに斜めに入っている鉄筋は、窓廻りのコンクリートにクラック(ひび)が入らないように補強しているもの。

コーン

白く見えるのは、型枠を留めるコーンと呼ばれるもので、型枠をはずすと丸い凹みが出来て、後からモルタルで埋めるようにします。打ち放しコンクリートに、等間隔で丸い模様がついているのを見たことがあると思いますが、これがその元になるものです。

配筋検査は、何点か問題がありましたが、すぐ直せるものなので、我々が現場にいるうちに、訂正してもらいました。
構造設計を担当しているS君から直接鉄筋工の親方に、問題点の指摘と、配筋の考え方を説明してその場で直してもらいました。構造的なことは、僕でも大体はわかりますが、やはり細かい納まりなどは、構造専門家でないとわからないので、配筋検査は必ず構造設計者と一緒に行くようにします。

最近の職人さんは本当に設計者に協力的です。昔の鉄筋工は気性の荒い人が多く、現場で間違いを指摘したりする時にとても気を使ったものですが、最近はこちらの説明を良く聞いてくれるので、現場がずい分やりやすくなりました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/505-e02920b4
trackback