雨のオークラリー
昨日は、毎年恒例の法政大学建築学科のウオークラリー。
新入生を連れて、東京の街を歩くという会なのですが、数年前から学校の授業の一環になっているので、先生とOBが一年生を連れて、コースに分かれて案内することになっています。

今年は、構造の吉田先生と一緒に、10人ほどの学生を連れて上野界隈を歩きました。

まずは東京文化会館から国立西洋美術館へ。ここは丁度朝のニュースで、文化遺産の選からはずれそうと報道されていました。ル・コルビュジェの作品でとても良い建物なのに残念なことです。

ロダンの部屋
中に入り、中央ロダンの彫刻のある部屋で、日本の光と、ヨーロッパの光の扱い方の違いなどを説明。以前はこういう話をしても、学生はまともに聞いていなかったのですが、最近はまじめな学生が多く、一生懸命聞いて、質問してくれるところがうれしい。

西洋美術館模型
丁度、ここに建物の断面模型があって、理解の助けになりました。
この建物は、何年か前に耐震改修をして、免震構造になっているのですが、それがこの模型と、地下で実際の基礎を覗ける窓があるのも、建築の学生には良い勉強になります。

別館吹き抜け
もうひとつ、写真撮影が許可されていることも良いと思います。最近は、写真撮影がOKの美術館が増えているようですね。

西洋美術館の後、国立博物館へ。ここも見所が多いのですが、あまり時間がないので建物の外観だけを見て、不忍池まで歩き、旧岩崎邸まで行きました。
旧岩崎邸

前から気になっていたのですが、行くのは初めて。なかなかきれいな建物です。岩崎弥太郎といっても学生は誰も知らないことにびっくり。去年の大河ドラマ「竜馬伝」を見てなかったの、と言ったけれど、若者は大河ドラマなど見ないのかもしれませんね。

その後、神田明神の境内を通って、湯島聖堂へ行き、ニコライ堂まで行こうと思ったのですが、ここで時間切れ。
雨の中をずい分歩いて、ちょっと疲れましたが、楽しいウオークラリーでした。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/506-5b1207b8
trackback