この季節に屋上緑化の効用
僕の事務所のある建物は、屋上を全面的に緑化しています。

昨日、事務所の大家さんのところへ家賃を払いに行ったついでに、久しぶりに屋上を見せてもらいました。

一面の緑

竣工してからそろそろ14年ほどたつのですが、これがビルの屋上?、と思うほど勢いよく、いろいろな植物が茂っていました。
軽量の人口土壌を30㎝ほどの厚さで入れているのですが、人の背の高さほどの木も何本か育っています。
一部を家庭菜園にしているのですが、人口土壌ではおいしい野菜は無理なので、ここだけ特別に配合した土を入れてもらっています。
ナス、トマト、キューリ、ピーマンなどが実を付けていました。
ハーブ類もいろいろ

そのほか何種類かのハーブ類、ブルーベリー、スモモなども実をいっぱいに付けています。ブルーベリーを摘まんで食べてみたら、甘くてとても美味でした。
ブルーベリー
スモモ

この屋上庭園は、僕が手掛けた最初のものですが、その後もいろいろなお宅の屋上を緑化してきました。屋上庭園を造るというとちょっと特殊な工事と思われるかもしれませんが、やってみると意外と簡単で、思ったほど多額の予算が必要なわけではありません。

夏の暑い時に、建物の断熱と土や植物からの水分の蒸散による冷却効果があり、これからの省エネルギーーを考えるうえでも、もっと普及すればよいと思います。各自治体からも補助金が出るところが多いので、利用してみてはどうでしょうか。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/518-7ffb3090
trackback