千束の家-配筋検査
今日は午後から、耐震改修中の千束の家へ行きました。

基礎補強の配筋

今週は月曜日に解体の様子を見て、補強の方法を大工さんと打ち合わせてきたのですが、今日は基礎補強のための鉄筋の配筋が終わったので、その確認です。
耐震補強の工事は期間が短いので、その分工事の進行も早く、現場へ行くことも多くなります。

ケミカルアンカーの打ち込み

既存の基礎に、ケミカルアンカーというものを使って、鉄筋を打ち込んで新しく打つコンクリートと既存の基礎を一体化して補強を行います。

ホールダウン金物15KN

これから壁の補強をする部分の柱に、ホールドダウン金物を取り付けています。地震の時に柱が浮き上がって抜けるのを防ぐものですが、力のかかり方によって種類を使い分けます。ちなみにこのホールダウンは15KN用。

これで、明日には基礎補強用のコンクリートを打設することになります。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/524-1e638f08
trackback