根岸の家―断熱材吹付
今日は午後から根岸の住宅の現場へ行きました。

現場はコンクリートの壁の内側に断熱材を吹き付け終わったところです。
今回は、ウレタンフォームを35mmの厚さで吹き付けています。これは次世代省エネ基準をコンクリートの建物で達成するときに必要な厚さになります。ちなみに屋根の裏側にあたる部分では、45mmの厚さを吹いていますが、夏の暑さを遮断するためには、壁よりも屋根の方が厚くなるためです。
ウレタンフォーム吹付

先週大工さんがアルミサッシに木枠を付けていましたが、その周りにもウレタンフォームが吹き付けられています。
サッシ周りの断熱材

同時にコンクリートスラブの上に床の下地材を取り付ける工事が進行中です。この写真の2階では、設備の配管が多く通っているために、コンクリートスラブから25cm持ち上げて床を張るようにしています。
床下地の取り付け

同じく先週設置されていたハーフバス(腰下半分だけのユニットバス)の周りには、壁の下地の木の軸組材が施工されています。
ユニットバス周りの壁下地組

この浴室の板壁の張り方、階段の納め方、トップライト周りのルーバーの取付方法など、今日の打ち合わせは大工さんを中心に行いました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/543-67fdb449
trackback