根岸の家―コンクリート補修
昨日は午後から根岸の現場へ。暑さがぶり返して、現場では汗を拭きながらの打ち合わせでした。

コンクリート補修
先日から、打ち放しのコンクリートを補修する専門の業者が入っています。コンクリートのあまりきれいでないところを、モルタルで補修した後に、不自然でないように少しずつ色を付けながら補修してゆきます。
ほぼ全面の補修が終わりきれいになりました。少しきれいになりすぎたきらいがありますが。

フローリング工事
内部では先週、床暖房のパネルを敷いたところに、大工さんがフロリーングを張っている最中でした。これは無垢のナラ材のフローリングにリボス社の自然塗料を塗ってあるもので、一枚一枚大工さんが丁寧に貼ってゆきます。

階段の手すり
こちらも先週鍛冶屋さんが取り付けていた、内部階段の手すりが取り付け終わっていました。

手すりのブラケット
これは後から木製の手すりを付けるためのブラケット。
我々は、鉄というと硬くて加工が大変というイメージがありますが、鍛冶屋さんは、大工さんが木を切ったり釘で貼ったりするように、意外と簡単に鉄を加工してゆくのにはいつも驚かされます。
これから屋上の手すりなどまだまだ鍛冶屋さんの仕事があり、もっと複雑なところもあるのですが、先週の打ち合わせでも、相当難しそうなことも問題がないようです。
やはり餅屋は餅屋ということですね。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/548-e839d8eb
trackback