フランス料理に挑戦
2カ月ほど前に、仕事仲間の集まるパーティーで、たまたま料理の先生にお会いして、何人かの仲間が酔った勢いもあって、一度料理教室に参加しようということになりました。

その話がやっと実現することになって、昨日参加してきました。参加者は僕を含めて、男2人女性1人の計3人だけでしたが、おかげで先生から丁寧な指導を受けることができました。

最初に作って冷蔵庫に入れておけるデザートの「クレームブリュレ」、次いで「栗のポタジュスープ」、前菜の「さんまのマリネ」、そしてメインディッシュの「鴨のポアレ、オレンジソース」の順に作ってゆきます。

サンマの皮のはずし方
カモの薄皮を丁寧にとる

サンマの小骨の抜き方、鴨肉の脂に包丁を入れる方法、焼き具合をチェックする方法等々、プロならではのノウハウを教えてもらうだけでなく、素材をどこで買えばよいか、調理器具の入手方法など、貴重なことを教えてもらいました。
普段見かけない野菜や、調味料など、材料の調達に困ってあきらめてしまうことって意外と多いですよね。

クレームブリュレのカラメルをバーナーで焼いている

クレームブリュレのあの表面のパリッとしたカラメルを作るのに、後から乗せた砂糖をバーナーであぶるというのは、新鮮な驚きでした。調理用の特殊なバーナーということで、最後に参加者一同でバーナーの注文をお願いしてしましました。

最後に出来上がった料理を、ワインとともにいただいて、大満足の料理教室でした。
前菜のサンマのマリネ
メインのカモのポアレ、オレンジソース

もし興味のある方は、「ラ・ターブル・ド・エム」へアクセスしてみた下さい。
Posted by kozyken
category:日記
comment(2)    trackback(0)

comment
楽しそう・・・
フランス料理の教室なんて素敵ですね!
最近、ワインをいただいたりする機会が多いのですが、なかなか料理がついてこなくて、洋食止まりになってしまいます。
フランス料理は本で見ても、なかなか作るところまでいかないですよね。
とは言え、残念ながら私はしばらく飲めないのです・・・
何故かうちの旦那さんは結婚前からバーナーを持ってましたよ。
2011/09/25 23:52 | URL | edit posted by yamaguchi
フランス料理は奥が深そうですね。本を読んでもわからないことをたくさん教えてもらいました。
旦那さんのバーナー、何に使っていたんでしょうね。不思議です。
2011/09/26 10:47 | URL | edit posted by 小島建一
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/553-ef066b08
trackback