山口蓬春記念館(葉山)
先日、仕事で逗子まで行った帰りに、葉山まで足を延ばして山口蓬春記念館へ行ってきました。

山口蓬春の絵を見ることもありますが、仕事柄やはりお目当ては、建築家吉田五十八の設計した建築です。
この建物は、戦後山口蓬春が仕事場を兼ねた住まいとして買った家を、吉田五十八が改築、増築したものです。
山口と吉田は芸大時代の同級生で、山口がこの家を買う時にも、良い家だと勧めたそうです。昭和23年に古い部分の改築を行い、28年に洋室の画室を増築しています。

居住部分の和室

廊下の障子窓

古い方の和室部分は、いわゆる現代数寄屋で、今までの数寄屋にこだわらない吉田五十八ならではのディテールの工夫があちこちに見えます。一言でいえば、繊細にして大胆。
障子のランマは天井いっぱいにして枠なしで納めるなど空間の透けるディテールが散見されます。

増築された画質

増築された画室は、洋室を数寄屋で作るという試みだと思われます。
南側は天井いっぱいのガラス戸で、庭の緑を取り入れています。天井高が3mほどあるのに、木製の建具の桟見付けは45mmほど。これはほとんどスチール建具のスケールですが、この建具の細さが、この空間にとって大事なことが良くわかります。
ふと、メキシコの建築家、ルイス・バラガンの自邸、居間の窓を思い出したのは、あながち見当違いではないでしょう。

南側からの外観

外から見ると敷地の傾斜によって、南側は高床になって、先ほどの大きな窓が庭の緑を映しています。

画室の北側にも,採光のための大きな窓がありその外の裏庭が、とても美しい庭でした。
裏庭

ここを歩いていると、目の前をウズラが横切ってゆきました。まるでそのまま日本画の題材になりそうと、一人でついニヤニヤしてしまいました。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/555-d8cb600a
trackback