根岸の家-足場が取れました
根岸の家の現場では、ようやく足場が外され、養生シートも取れたので、外観が見えるようになりました。

道路から見た外観

とはいえまだ未完成な姿ですが、これから一階部分に黒いタイルが貼られ、それに合わせるように車庫の奥に黒い木の塀が立ち上がって、その先の中庭の木が見えるようになると、もっと引き締まった感じになるはずです。

黒い目隠し塀

3階の屋上庭園では、目隠しの黒い塀を張っているところでした。もう少しすると、ここに人工土壌が入れられて、芝生と植栽の緑が出てくると塀の黒とのバランスが良くなると考えています。

スチール縦格子の手すり

同じ屋上庭園の中庭側にはスチール格子の手摺が取り付けられていました。こちら側は中庭に植える予定のシンボルツリー「エゴノキ」の緑の葉が見えるようになります。
床に置いてあるのは、これから作るデッキの材料です。

石膏ボードの下地処理

内部でもペンキ屋さんが壁の下地になる石膏ボードの目地をパテで埋める作業をしていました。この後、サンドペーパーできれいに磨いてから、水性塗料で仕上げるようになります。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/565-76d398a9
trackback