イゼナの実験住宅見学会

日曜日に千葉県我孫子市にある、イゼナという床暖房のメーカーが去年作ったCO2排出ゼロを目指す実験住宅の見学に行ってきました。

イゼナという会社は、社長の前田さんが、水の熱容量が大きいことに目を付けて、水蓄熱の床暖房という、珍しい製品を作っているところです。
僕は前田さんのことは以前から知っていたのですが、先日の建材本の出版記念パーティーで久しぶりにお会いして、この実験住宅のお話を聞き、本の著者グループ5人で出かけました。

イゼナの床暖房というのは、床下にアクアセルと呼ばれる特殊なビニールの袋に水を入れたものを敷き詰めます。これを深夜電力を利用して電熱シートで温めるか、ヒートポンプで作ったお湯を循環して温めます。深夜のうちに水を温めて日中はエネルギーを使わずに部屋を暖めるというものです。
水の熱容量の大きいことを利用して、水温は28度ぐらいで穏やかな温かさが特徴ということです。深夜電力は余剰電力でコストも日中の1/4ほどなので経済的なわけです。

そこまでは、以前からやっているイゼナの商品ですが、今回は太陽熱を積極的に利用して、CO2ゼロに挑戦というわけです。この家は実は前田さんの娘さんの家で、ご主人もイゼナの社員ということで、かなり踏み込んだことにトライしています。

2階バルコニーに取り付けられた太陽熱温水器

家の南側に面したバルコニーに、太陽熱温水器が4台取り付けてありました。建物の床下に、基礎を深くして1mぐらいまで砕石が詰め込まれています。ここに温水器で温められたお湯を少しずつ流しています。水はその下の土にしみこんでゆきますが、1年を通じて砕石と土に熱が蓄えられてゆき、冬の間部屋を暖めるという寸法です。
お湯の温度は25度ぐらいなので、冬は暖かいのですが、夏は外気温より低いので部屋を暖めることはないということです。

実にシンプルなシステムで、効果が気になるところですが、去年の冬は温水器に故障があり、本格的な実験は今年の冬からということで、結果を聞くのが楽しみです。

暖炉と天井に掛けてある自転車

見学の後、車で15分ほどのところにある、前田さんの自宅兼事務所へ伺いしばし談話。住宅の温熱環境についてみんなで話が弾み、2時間ほどお邪魔することになってしまいました。

前田さんのお宅には、自然志向の家らしく、暖炉があり自転車が何台も飾ってあるのが印象的でした。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/568-8fc842ab
trackback