根岸の家―外構工事
今日は朝から根岸の家の現場へ行きました。

休み明けに検査機関の完了検査を受ける予定なので、工事は急ピッチで進んでいます。

格子塀のスチール枠取付

エントランス、駐車スペースと中庭の間を仕切る格子塀と門扉の枠になるスチールパイプを鍛冶屋さんが取り付けています。一階エントランス周りの壁に黒いタイルを張ったことに合わせて、ここに黒く塗った桧の横格子がこれから取り付けられます。

格子の塗装作業

ちょうどペンキ屋さんが、その桧の格子の材料に塗装を掛けていました。格子の場合、取り付けた後では塗装がやりにくくなるので、取付前に塗っておきます。塗料は、キシラデコールという、浸透性の木材保護塗料。

浴室壁の青森ヒバ

内部では大工さんの工事はほとんど終わっていましたが、浴室の壁と天井に青森ヒバを張っていました。ヒバ特有の強い香りがします。壁が貼り終わって、これから天井にかかるところでした。

トップライトと屋上緑化

屋上では、何カ所かあるトップライトにガラスを取り付けているところでした。これは既製品ではなく、コンクリートの躯体と一緒に作って、加工したスチール部材の間にガラスを入れるようにしたものです。
現場で作るのでどのような形、大きさにでもできるので、よく使う手法です。トップライトは雨漏りしやすいところなので、慎重にディテールを考えて、現場でも気を使ってチェックをしています。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/570-fb7b42ae
trackback