畳ソファー
畳ソファー

家でくつろいでいるとき皆さんはどんなスタイルで生活していますか?

ソファーに座って本を読んだりテレビを見たりという人もいれば、畳の上でゴロゴロするのが落ち着く、ダイニングテーブルで家族と会話をしたり、新聞を読んだりと、ひとによって様々だと思います。

住宅の設計をするときに、この生活の仕方によってリビングルームの作り方が変わってきます。
ソファーを置くのであれば、ソファーの位置と、窓、テレビの関係などを考えて部屋の形が決まってきます。また、ダイニングテーブルにいる時間が長いのならば、思い切って大きなダイニングテーブルを最初から計画に組み込むこともあります。
日本人だからやっぱり畳と言う人も多いと思いますが、和室を用意する場合は問題がありませんが、居間の床はフローリング、一部の床を畳にすることもあります。

先日竣工した住宅では、そのように居間はフローリングでどこかに畳のスペースがほしいと言われました。
そこで考えたのが、写真のように1.600×1.600の台に畳を載せたもの。勝手に畳ソファ―と呼んでいます。
二辺に背もたれが付いていて、ここに背中を預けて足を延ばしてもよいし、先端に座ってもよいし、寝転んでもよいというものです。
この畳ソファーは固定されていないので、部屋のどこにでも置くことができます。

この家は、若いご夫婦に小さな子供二人という家族構成なので、家族全員が仲良くこの上で座って、テレビを見ていることころをイメージして作ってみました。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/577-645871a9
trackback