夜景の撮影
外観の夜景
エントランス部分

昨日は夕方から根岸の家の夜景写真を撮りに行ってきました。

先日、午前中3時間ほどかけて竣工写真を撮ったのですが、そのまま夜景を撮る時間まで待っているわけにもゆかないので、日を改めて行ってきたわけです。

夜景の写真は、完全に暗くなってからでは、窓の明かりしか映らなくなってしまうし、明かりが多く残っていると夜景にならないということで、時間の設定が難しいところです。

夕方4時ごろに現場について、5時までの1時間光の具合を見ながら、何枚も写真を撮ってゆきます。

今回難しかったのは、建物が交通量の多い道路に面していて、道路の反対側にカメラをセットしておくと、車の途切れる時をねらってシャッターを押さないといけないことです。
日中ならば、車がいない時に、パシャとシャッターを押せば済むことですが、暗くなってからの撮影はシャッターの露光時間が長くなります。今回は10秒から15秒ぐらいの長いシャッタースピードで撮っていました。車がいない時を見計らったつもりでも、10秒もたつと次の車が来てしまい、車のテールライトの赤いラインが入った写真になってしまいます。
結局1時間の間に50枚ほど写真を撮って、その中から3割ほどが使えるといったところでしょうか。

こんな時、デジタルカメラはフィルムの無駄を気にしないでシャッターを押せるので助かりますね。

玄関部分
中庭夜景
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/578-ebcfacb6
trackback