暑い!
居間の奥まで光が差し込む


我が家は、冬のこの季節お天気が良いと午前中の室温がすごく高くなります。
昨日は暖房なしで、10時ごろの室温が25度になって、暑くて半袖のTシャツで過ごしていました。
ところが午後になると一転して室温が下がってきます。

我が家の居間は南面がほぼ全面ガラスなので、冬の太陽は部屋の奥まで差し込んで温室状態になるのですが、悲しいことにそのガラスが古いままの一枚ガラスなので、せっかく温まった空気があっという間に逃げて寒くなってしまうのです。

このことから、簡単なパッシブソーラーの原理がわかります。南面の大きな窓から太陽光をいっぱいに入れて、太陽熱を十分に取り入れる。(ダイレクトゲインと言います)その熱を逃がさないように窓も含めた断熱性能を上げる。そして吸収した熱を蓄えるために比熱の高い部分を作る。コンクリートやレンガなどの部分が家の中の日当たりの良い部分にあると良いのですね。

我が家もいつかガラスをペアガラスに変えたいと思っています。

ちなみに、夏は庇が長いので、ほとんど太陽光が入ってこないため、我が家は至って涼しく過ごすことができます。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/584-0b7aae47
trackback