屋根の素材―ガルバリューム鋼板
10年目のガルバリューム鋼板の屋根

我が家の外装、屋根と外壁を取り替える工事をしてからちょうど10年がたちました。

設計の仕事では、いつも建築の材料を選択することが仕事の一部になっています。
昔は、使う材料も限られていて、住まいはその地域で取れる木材と土と瓦、紙などで出来ていたので、建材ほぼ自動的に決まっていたのでしょうが、現在では流通の関係で日本全国どころか、世界どこからでも建材が入手でき、めまぐるしく新製品が出てくるのでそのすべてを把握して、その性能を確認することはかなり難しいことになっています。

建材を選ぶときの基準は、性能、耐久性、コスト、デザイン性などですが当然予算の制限もありますから、そのバランスで選んでゆくようになるわけです。
性能、耐久性についてはカタログを見て判断するわけですが、結局は使ってみないと判らないことも多く、そのことが新製品を使うことを躊躇する原因ともなります。

我が家の屋根は、ガルバリューム鋼板という鉄板をタテハゼ葺きと言う工法で施工しています。
ガルバリューム鋼板は、鉄板に亜鉛とアルミニュームの合金をメッキしたもので、昔からある亜鉛をめっきしたトタン板に似ていますが、格段に耐久性がよくなっています。
現在はほとんどの製品がこの上に塗装を施して屋根材として販売されています。
塗装をした製品はメーカーの保障期間が10~15年、フッ素樹脂塗装では20年と言われています。

塗装をしない原板は、メッキによる独特のアラバスター模様が美しいので、我が家は原板のまま使っています。
で、久しぶりに屋根に上ってみたところ、まったく錆が出ているようなところはありませんでした。原板でこの状態ですから、塗装を施したものはもっと寿命が長いはず。メーカーの保障期間はかなり内輪目に見ているのでしょうから、20年ぐらいはいけそうな気がします。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/597-d69bd2d7
trackback