人工大理石の取材
今日は午前中に、人工大理石の取材の為、大手町に本社のある「クラレ」へ行ってきました。

キッチンカウンターなどに使われる人工大理石はデュポン社のコーリアンが有名ですが、国産でも同じような製品を何社か出しているところがあります。コーリアン以外のメーカーの製品とコーリアンが、どのように違うのかと言うことも興味があったのであえてデュポン社ではなく、クラレへ行ってみることにしました。

会議室へ通されて、担当の方にまずその辺のことを聞いてみたのですが、実はこのアクリル系の人工大理石と言うのは、どのメーカーも性能的にはほとんど同じなのだそうです。
なぜかと言うと、人工大理石そのものがもともとデュポンで開発したもので、特許の関係で、各社それぞれ違う組成を工夫していたそうですが、デュポンの特許が切れてからは、どのメーカーもデュポンの技術をそのまま使うようになった、つまりそれだけデュポンの製法が優れていたということのようです。その辺はクラレの人も率直に認めていました。

アクリル系人工大理石

このアクリル系の人工大理石は、アクリル樹脂と水酸化アルミニュームの混合物なのですが、あのさまざまな石の模様はどうやって作るのか、以前から知りたかったことです。
御影石のような黒や白の粒々は石が交ぜてあるわけではなく、やはりアクリルで作ったいろいろな色、大きさの粒を混ぜて作るのだそうです。

大理石にそっくりな人工大理石

新製品ですといって見せてもらったサンプルは、大理石にそっくりなので驚きましたが、これもいろいろな色のアクリル樹脂を混ぜて模様を作るのだそうです。コーヒーにミルクを入れたり、水飴で模様をつくるような要領なのですね。

キッチンカウンターに使った時に気になるのは耐久性ですが、人工大理石は中まで同じ素材でできているので、傷が付いたり、汚れが落ちない時には表面を削るようにして、メンテナンスしてゆけば、キッチン本体より先に劣化するということはないという説明でした。

人工大理石の補修

そういえば、このあいだ竣工した上尾の家では、引渡し前に誰かがカウンターに傷をつけてしまったのを見つけたのですが、家具屋さんがサンドペーパーとスコッチブライトで丁寧に磨いて、すっかりきれいに補修していました。

長年使っている製品でも、こうやって実際にいろいろな話を聞くことが出来るとずいぶん参考になることがありました。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/617-11054c67
trackback