ベランダのペンキ塗り


ゴールデンウイーク後半は、あまりお天気に恵まれませんでしたが皆さんはいかがお過ごしでしたか?
僕は予定通り、昨日今日と2日かけて、2階のベランダのペンキ塗りを行いました。
オスモカントリーカラー

5年前にちょうど5月の連休を利用して塗装したので、そろそろやらなくてはと思い、準備をしていました。
塗料は、オスモ社のカントリーカラーと言う木に浸透しながら塗膜も作るタイプで、木材塗料としては、耐久性の高いものです。
5年たっても、浸透性塗料の特徴として、塗料がはがれるようなことはありませんが、だいぶ色があせてきて、指でこすると塗料が指についてきます。これをチョーキングと言い、どの塗料でも塗り替えの目安になります。

自分で塗装を行うと、柱や梁の傷み具合の点検にもなります。幸いどこも痛んでいるところはありませんでしたが。

一通り塗り終わって、塗料がだいぶ余っているので2度塗りをしようと思っていたら、午後から雷が鳴り始め、夕立が降り始めたので途中で中止にしました。
塗料を余らせるのはもったいないので、近いうちにもう一度やらなくてはと思っています。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/628-4feb4d64
trackback