リフォームの現場 桐の天井
今日は午前中リフォームの現場へ

桐天井

居間の天井裏に断熱材の吹込みが終わり、天井を張っている最中だった。
今回は桐の板を天井に張っている。桐の板は柔らかい材料だけれども、見た目も柔らかい感じで中々きれい。手で持つとかなり軽い。床のナラフローリングなどと比べると感覚的には1/3位に感じる。
やわらかく傷が付きやすい材料なので、大工さんはかなり気を使って張っているようだった。

壁のニッチ

寝室はすでに天井も張り終わり、壁の石膏ボードも張り終わっているので、後は仕上げのシックイを塗るばかり。
壁の引っ込んでいるところは、シックイでニッチのように仕上げる。ここに薄型テレビを埋め込む予定。

洗面台

洗面室には、家具屋さんが作った洗面化粧台が取り付けられていた。穴の開いているところに洗面ボールが乗るようになる予定。

外壁モルタル

外部は左官でモルタルが塗り終わり、乾燥を待って、仕上げ材を吹き付ける予定。
増築部分と既存瓦屋根の取り合い部分の工事も終っている。

現場が一通り終って、お施主さんとダイニングに置くテーブルと椅子のことで打ち合わせ。
その後、近くのお蕎麦屋さんでお昼をご馳走になってしまった。手打ち蕎麦で中々美味。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/63-90ffa25f
trackback