草屋根の見学
昨日は、制作中の本「内外装材活用シート」の巻頭に載せる記事にするために、僕がいつの屋上緑化を頼んでいるイケガミさんへ取材に行きました。

巻頭は長い文章になるので、ライターの方、カメラマン、編集のHさん、そしてこの本の著者7人を合わせた大所帯で、草屋根のある池上さんの自宅を見せてもらいました。
緑道に面した住まい

池上さんの自宅は、世田谷区の緑道に面した、環境自体が素晴らしいところにありました。建築自体も自然な感じを生かした、とても雰囲気のある素敵な家でした。
草屋根

隣のマンションの4階から見ると、その屋根の様子がよく解るのですが、梯子をかけてもらって眞近で見ると思った以上にいろいろな植物が茂っているのがよく解ります。
これから夏にかけて、もっと緑の量は増えてゆくことでしょう。
まじかで見る屋根の様子

この工法は、池上さんが試行錯誤をしながら考え出したもので、お話を聞くとそんなに難しいものではないようです。
メンテナンスもそれほど手間はかからないようです。とはいっても相手は植物、メンテナンスフリーと言う訳にはゆかないので、植物に興味のない方には薦められませんと言う話でしたが、それは当然ですね。

池上さんの家を見せてもらった後、午後から僕の事務所のある建物に移動して、その屋上緑化の様子をオーナーのOさんの話を聞きながら見学してもらいました。
事務所の上にある屋上庭園

この建物は14年前に竣工して、その時に緑化工事も行ったので14年の経年変化を見てもらおうと言う訳です。
きれいに整っているわけではありませんが、いろいろな植物が思い思いに茂って、これが屋上?と言う感じになっています。一部を家庭菜園にして、今はキューリ、トマト、ナスなどの苗が植わっていました。
Oさんの話では、ほとんどメンテナンスらしいことをしないで、通常の植物の手入れをしていれば、全く問題ないとのことでした。

一緒に行ったメンバーからも、思ったより簡単で、最近は自治体の補助金も出るのでやるだけの価値はあるね、と言う意見が出ていました。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/630-8de1cf6a
trackback