外壁モルタル塗り―逗子の家
今日は逗子の家の定例打ち合わせでした。

夏休みの間は、道路が渋滞するので毎回電車で通っていましたが、今日は久しぶりに車で行きました。
息子が2カ月ほど前に買い替えた、新しい車を試してみようという気もあって、往復の運転を楽しんできました。インターンで来ている、学生のN君も一緒だったので、電車の運賃よりも高速代の方が安いということもあります。

外壁モルタル塗
現場は、先週外壁のモルタルの下地のラス網が貼られていましたが、その上にモルタルが塗られています。これで1週間ほど乾燥の期間を見て、アクリル系の仕上げ材を鏝で2mmほどの厚さで塗ってゆくようにします。色は白に近い色になる予定です。

階段側桁
内部では、先週から階段を取り付けていますが、まだ踊り場までで、そこから2階へ上がる部分の側桁が置かれていました。やはり階段には時間がかかるようです。

真壁

2階も壁の下地になる石膏ボードが貼られていました。
間仕切りの部分は真壁と言う、和室の壁などで良く使われる方法で、柱や梁が見えるような仕上げになっています。
外壁部分の室内側は、真壁では断熱材の厚みを取ることと気密を取るのが難しくなるので、大壁と言う方法で、この場合は柱や梁は石膏ボードの下に隠れるようになります。

トンボ
浴室は合板の下地の上に、エポキシの防水が施工されていました。ここにもラスを貼ってモルタルでタイルの下地を作るので、ラス網を引っかけるための金網が付けられています。
これを現場用語では、「トンボ」と言います。あまりトンボの似ているとは思えませんが、建築用語はなぜか、動物から取った名称が多いようです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/663-1a2fdb8a
trackback