住宅のメンテナンス時期
良く、居間の住宅の耐用年数は何年ぐらいですか、と聞かれることあるのですが、難しい質問です。
きちっと設計と施工がされていれば、最近の住宅はかなり長く持つはずだと思いますが、住んでいる人のメンテナンスによって、ずいぶん差が出てきます。
木造でもコンクリート造でも、10年から15年に一度ぐらいはある程度まとまったメンテナンスが必要ではないかと思います。10年から15年と言うのは、その家の建っている状況などによって差があるためです。

実は、僕が独立して始めて設計した、鉄筋コンクリートの家が事務所の隣にあります。すでに竣工してから31年がたっているわけですが、16年目に外壁の清掃と塗り直し、コーキングの打ち直しなどのメンテナンスを行いました。
夏に一部雨漏りがあり、それは原因がわかって応急手当てをしたのですが、すでに前回からまた15年経っているので、全体的な改修を行うことにしました。特に屋上の防水工事は前回やっていないので、31年経っていますから、これもやり直すことにしました。

屋上解体工事
防水の保護のためのコンクリート平板を剥がすと、長い間に土がだいぶ詰まっていて、防水もそろそろ寿命なことがわかります。奥にあるのは31年間使い続けた太陽熱温水器。良く持ったものです。

ウレタン防水
下地がきれいになったところで、新しい防水の工事。ウレタン防水の改修工法で施工しています。アンカーボルトが立ち上がっているのは、今回太陽光発電パネルを取り付けるためのものです。

打継目地コーキング

サッシ周りコーキング
サッシ回りや、打継目地などのコーキングもすべて新たにやり直しています。

太陽光発電パネルの設置
防水が終わって、太陽光発電パネルを取り付けたところです。屋上が狭いので、目いっぱい並べても2KWですが、ほぼ一人暮らしで、あまり電気を使わない家なので、これでも結構使用電力を補えるのではないかと思います。

この家のことは、僕のホームページに詳しく紹介していますので、良かったらこちらも見て下さい。http://www.pluto.dti.ne.jp/~kekojima/casa09/casa09.htm
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/675-62e7ca7c
trackback