「ののの家」―設備工事
昨日はののの家の定例打ち合わせに行って来ました。

工事は順調に進んで、大工さんの工事と並行して、設備の配管工事、電気の配線工事が行われています。
と言う訳で昨日は、大工さん、水道屋さん、電気屋さんに、ガス工事の業者も来て、だいぶ時間を掛けてたっぷり打ち合わせをしてきました。

給水管ヘッダー
これは床下の水道配管のヘッダーと呼ばれているものです。メインの水道管がここで分岐されて、お風呂や、台所など各水回りへそれぞれ単独で配管されてゆきます。
ブルーの色の管は、さや管と言われるもので、その中に一回り細い、実際に水の流れる管が納まっています。その管は、架橋ポリエチレン管と言われる丈夫で柔軟性のあるものなので途中でジョイントなしでゆっくり曲がりながら配管されてゆきます。そうすることで水の抵抗が少なくなり、また地震のときなどにも管が折れるような事故が起こりにくくなります。

給水・給湯配管接続
こんな感じで床の上に出てきます。青が水で、赤がお湯の配管です。

二階給水・給湯ヘッダー配管
2階へもこんな感じで配管されてゆきます。

ガス配管
これはガスの配管で、上がガスコンロ、下が予備のガス栓のものです。

ロフト床の電気配線
これは2階の小屋裏収納の床の電気配線。
この家の2階は天井を張らずに根太や床板がそのまま見えるようなデザインになっているのですが、その時に困るのがこの電気配線です。普通電気の配線は天井裏で行われるのですが、天井が無いので、床を二重にしてその中を配線するように考えてみました。これからこの上に床を貼るわけです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/719-a0db2070
trackback