「ののの家」―フローリング工事
昨日は午後から「ののの家」の定例現場打ち合わせだったのですが、午前中に仮住まい中のお施主さんの所に、何点か相談したいことがあり、伺ってきました。

現場からそれほど遠くない、浦安の駅に近いところに一軒家を借りているのですが、ここへ打合せに行くのは初めてです。

仮住まい

格安の物件でかなりぼろな家ですよ、と聞いていたのですが、伺ってみたら何とも素敵な家でした。
引っ越しの前に、ご自分でだいぶ手を入れて、きれいにされたそうですが、日当たりも良く、風通しも良さそうで気持ちよく生活が出来そうです。細い路地に面して、庭の部分が囲いもなくちょっとした広場の様に広がっています。かっては漁師さんの住まいだったそうですが、昔はご近所の人が気軽に声を掛けたり、ここで井戸端会議をしたりと、自然にコミュニティーが生まれていたと想像できます。

この日は、外壁の色をきめてもらうのが主な目的でした。今回は建物の正面2面と裏の2面を白系と黒系の2色に塗り分けることを考えているのですが、少し大きめの板に塗装を掛けたサンプルを10種類ほどメーカーに作ってもらって、外の光で見てもらいました。
その中から3種類ぐらいまで絞り込んだのですが、結論が出ず、まだ時間の余裕もあるので、もう少しご家族で相談してもらうことにしました。

午後からはお施主さんも一緒に現場に行きました。

カバ桜のフローリング

現場では、大工さんがフローリングを貼っています。1階がオーク材、2階がカバ桜の無垢材を貼っています。カバはちょっとピンクがかった色で、上品な感じがします。

トップライト回り

屋根では、板金屋さんが棟の鋼板を取り付ける作業をしています。トップライト周りも複雑な形状をしていますが、雨の流れを考慮して工夫をしています。

この日は、外壁のサイディング業者が現場の下見に来ていて、打ち合わせを行いました。
いよいよ来週後半から、サイディング工事が始まります。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/722-c94c1700
trackback