「ののの家」-サイディング張り
今日はののの家の現場、定例打ち合わせ。

サイディングと通気胴縁
現場では先週から、外壁のサイディング張りが始まっており、ほぼ半分ほど張り終っています。
縦の胴縁の上に張ってい行きますが、胴縁の厚み分が通気層となって、外壁の通気を取ると同時に、万が一のサイディングからの雨水の漏水の際も直接室内側に入らずに、この空間を水が下へ落ちて、外へ排水するように考えられています。

階段側桁の取り付け
内部では、大工さんが階段の取り付け準備をしていました。側桁と呼ばれる板の取り付け調整をしていますが、これにこれから段板を取り付ける溝を掘って、準備をします。

石膏ボード貼り
壁と天井の石膏ボードも半分ほど貼られていました。このピンク色をした石膏ボードは、湿気の調整と有害物質の吸着作用のある石膏ボードです。この上に通気性のある仕上げを施すことで、効果を発揮するようになります。

吸音材のロックウール
天井の中には吸音材としてロックウールが敷き詰められています。これは2階の子世帯の音が、1階へ響きにくくするためのものです。断熱材のロックウールよりも密度が高く、表面のビニールの袋がありません。
良く断熱材のロックウールを吸音材代わりに使っている例を見かけますが、ビニールの袋があると吸音効果があまり期待できなくなるので間違ったやり方といえます。

ハーフユニットの取り付け
浴室では、腰から下のユニットバス、ハーフバスが設置されていました。合板を貼ってある壁の部分にこれから防水シートを貼って、ヒバ材の板を貼って仕上げます。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/726-d3fdeb6b
trackback