逗子の家、写真再撮影
先週の土曜日に、去年の秋に竣工した、逗子の住宅へ写真を撮りに行って来ました。

去年竣工直後に撮影しているのですが、十分納得できる写真ではなかったので、お施主さんにお願いしてもう一度取りに伺いました。
なぜ写真が納得できなかったのかと言うと、理由は2つあります。
その直前に、ソニーのNEX-7と言うミラーレス一眼レフのカメラを買ったのですが、僕がまだそのカメラによく慣れていなかったことが一つ、もう一つは標準で付いているズームレンズが、目いっぱい広角にして35mm換算で28mmと、インテリアを撮るには画角が今一つ狭いことにありました。

そこで最近、換算24mmと言う単焦点レンズと、それに被せると18mmと、超ワイドになるワイドコンバージョンレンズを買いました。

居間の全景

レンズの効果は大きく、以前と同じフレームで撮っても1.5倍ほど広くなった気がします。その分1枚の写真で、家の中の雰囲気を表現することが出来ます。

一度撮っているので、1時間ほどで撮り終えるつもりだったのですが、ついつい夢中になって2時間を超える時間で100枚ほどの写真を撮ってしまいました。

キッチンと居間

これはキッチンと居間の関係を取ったところですが、以前撮った時は、居間とキッチンの一部しか入らなかったのが、全体を見渡すように撮れています。

ダイニングからキッチンを見る

6畳の広さのダイニングルームからでも、テーブルの手前まで入っています。

洗面室と浴室

洗面室など特に狭いところでも効果を発揮します。タテ位置で撮るとどうしても上の方がすぼまるように歪んでしまうのですが、これは後からパソコンのソフトを使って修正してみました。

写真を撮り終って、お天気が良かったので、久しぶりに海を見たくて、僕のお気に入りの秋谷海岸まで行ってみました。
秋谷海岸

このレンズで景色を取ると、こんな感じに空間が広がって面白い写真になります。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/729-acdbb742
trackback