「ののの家」―こだわりのアイテム
「ののの家」は、後2日ほどで完全に仕上がって、今週の土日はオープンハウスです。

そこで、この家ならではのちょっとこだわったところを、いろいろとご紹介しようと思います。
家を設計している時には、いろいろと設計者としてこだわるところが出てくるものですが、今回は、お施主さんにもこだわるところがいろいろあり、それが建物が完成してから、良い雰囲気を作っているのではないかと考えています。

1.本箱:本の好きなお施主さんの第一の希望はたっぷりとした本の収納があり、それが見えるようにすること。居間と階段の間を本箱で仕切りにしたり、家族全員で使える大きな作業カウンターにも本箱を組み込みました。
本箱とカウンター

2.設計者としての最大のこだわりは、2階の天井の形です。屋根の形そのままの急な勾配の天井に、梁や垂木と言った普通は天井裏に隠れる構造部材がそのまま見えてます。古い日本の民家のようです。屋根部分の断熱を外断熱にすることで可能になりました。
垂木と梁


3.お施主さんが、カタログから探してきたベネチアンガラスをロフトの窓にはめ込んでみました。レース生地を貼った天井と共に、きれいに光が入ってくる空間になりました。
ベネチアンガラス

4.これはお施主さんの希望で、キッチンの横の壁に作った黒板。鉄板の上にブルーの黒板塗料を塗ったので、チョークで書くことも、メモをマグネットで止めることもできます。小学校に通う子供のいる家では、メモが多いので便利そうです。
ブルーの黒板

5.これはアメリカ製のスイッチ。お施主さんがネットで調べてきました。日本のものに比べて、シンプルでちょっとレトロな感じがします。
アメリカ製のスイッチ

6.洗面室の洗面器は学校の実験用の流しを木のカウンターにはめ込みました。これもお施主さんが、別荘で使っていて、使いやすいのでと言う希望で作りました。
実験流し

7.最後に、外部の基礎に左官屋さんがモルタルを塗った後、家族全員の手形を付けて、定礎にしました。それぞれの手の大きさが違っていて、後で良い思い出になることと思います。
手形の定礎板
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/740-fcf48490
trackback