東方への旅―イスタンブール
東方への旅―ル・コルビュジェ

遅めの夏休みと言うことで、来週から、トルコのイスタンブールと、ローマへ旅行することにしました。

ローマは行ったことがあるのですが、イスタンブールは初めてなので、少し関連する本を読もうと思って、最初に思いついたのが、建築家ル・コルビュジェの「東方への旅」と言う本です。

これはまだ無名の、建築家を目指す若者だったコルビュジェが、ベルリンのベーレンスの元で一緒に働いていた友人と二人、東方のトルコ、ギリシャを旅する紀行文です。
時は1911年、今から100年ほど前、二人は、バルカン半島を南下して、馬車でトルコへ入ります。
イスタンブールがすっかり気に入ったコルビュジェは、ここに7週間滞在して、若き好奇心に満ちた目でいろいろなものを見ることになります。
モスク、バザール、カフェ、墓地、そして猫と愛らしい女と、驢馬、つまりすべてを。

後の合理主義のモダニストらしからぬ、感傷的な文章で。もっとも旅人はいつも感傷的になるものですが。

しかし、考えてみるとコルビュジェの建築は、決して堅苦しい合理主義ではないし、いつも合理性からすり抜けてしまう、温かさと人間性を備えていると言えます。
そんなコルビュジェの建築の特質が、この若き日の紀行文のなかにすでに垣間見えているのかもしれません。

少し前に、ポール・セローの「地中海大旅行」と言う本を読んでいたのですが、ジブラルタルを出発して、スペイン、フランス、サルディニア、イタリア、クロアチア、アルバニア、ギリシャを旅して、そのすべての国、都市を貶していた彼が、イスタンブールだけは絶賛しています。

そんな、イスタンブールがどんな街なのか、今からワクワクしています。
Posted by kozyken
category:
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/744-190476c7
trackback