東京の近代建築見学会・続き
聖アンセルモ教会

二つ目に見たのは、目黒にある、建築家アントニン・レーモンドが1955年に設計した聖アンセルモ教会。
コンクリート打ち放しの折板型の柱と屋根版が規則正しく並べられた構造を作り出し、柱と柱の間のスリットから入る光が美しいインテリアを形作っています。
円の組み合わせが十字架を暗示させる祭壇のデザインがきれいです。

三つ目はこの日一番見たかった、川崎市宮前区にある、建築家山田守の設計で1957年に完成した長沢浄水場です。
去年ある雑誌で見かけた一枚の写真で、この浄水場を知りぜひ見たいと思っていました。それまでは、山田守と言うと東京武道館を設計した建築家と言うぐらいの知識しかなく、あまり興味を持っていなかったのですが、この写真ですっかり考えを改めさせられました。

長沢浄水場本館

メインの部分は事務室のある本館と濾過場と言われるガラス張りの細長い建物からなっています。全体にマッシュルームコラムと呼ばれる、上の方が広がって床スラブと一体に繋がって行く、ユニークな構造になっています。
本館のカーテンウオールは新しいものに取り換えられていました。元はもっと割り付けがすっきりしていて、全面透明で中のマッシュルームコラムが見えていたのはずなのですが、ちょっと残念です。

ろ過池操作廊

この建物の一番の見どころは、本館の右に細長く伸びる、ろ過池の操作廊と呼ばれる部分です。文字通りここは水をろ過するところですが、北側と南側にあるろ過池の真ん中を、ろ過池を操作、監視するための廊下が110mの長さで続いています。

白いマッシュルームコラムと黒いカーテンウオール

両脇が黒いサッシのカーテンウオールに透明ガラスが嵌め込まれており、真ん中に真っ白な二列のマッシュルームコラムが規則正しく続いています。
ろ過装置を操作するというだけの空間が、なぜこんなに美しいのか不思議な気持ちがします。建設当時は、この柱も、天井も、コンクリートの打ち放しだったようですが、僕はこの白い空間の方が良いように思いました。

操作廊東端

東の端部、外の部分に、コンクリート打ち放しの建設当時のままのマッシュルームコラムを見ることが出来ます。
カーテンウオールの角をアールで納めたり、端部が片持ちで柱からせり出していたり、床や屋根のスラブが薄くスッキリと納まっていたりと、隅から隅までデザインが考え抜かれていることが、この部分で良く解ります。

この日は、浄水場の方がお二人付き添って下さり、浄水場の設備についても詳しく説明していただき、それについてもとても勉強になりました。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/760-e3efa3c3
trackback