八幡山の家―床暖配管
今日は八幡山の住宅リフォームの現場で、定例打ち合わせでした。

現場は、先週基礎補強の鉄筋検査をしたところの、コンクリートの打設が昨日終わっています。
内部では、今週初めに床暖房のパネルの敷設が終わり、大工さんがその上にフローリングを張っています。

床暖パネルと、フローリング貼り

写真の銀色をしたところが床暖パネルで、赤いテープを張ったところの下に、温水の通るパイプが入っています。大工さんが温水パイプを傷つけないように赤いテープの部分を避けてフローリングの釘を打ってゆきます。

サッシ取り換え部分

サッシを取り換えたところは、サッシが一回り小さくなっているので、これから大工さんが枠を取り付けて、左官屋さんがその周りをプラスターを塗って埋めて行きます。もともとの仕上げが、表面に凹凸のあるプラスター仕上なので、それに合わせて仕上げるのが中々難しいところですが、左官屋さんの腕の見せ所と言えます。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/769-5c3f369b
trackback