八幡山の家―内装工事
昨日は八幡山の住宅リフォームの現場へ、定例打ち合わせに行きました。

現場では、第1期工事の耐震補強と、大工さんの工事が終わりこれから内装工事に入ります。
外部では先日基礎補強のための鉄筋が組んであったところが、コンクリートを打設して新たな基礎が出来上がっています。基礎に空いている二つの丸い穴は床下通気用に元の基礎の換気口と繋がるようにしたものです。
壁の補強用の構造用合板も張り終り、この上に来週から左官屋さんがモルタルを塗る予定です。
基礎補強

この写真は内部のサッシ回りです。サッシは全てLowEガラス入りの断熱サッシに取り換えているのですが、ここはサッシが一回り小さくなったので既存の壁との間を、これから左官屋さんが補修して行きます。元の壁の仕上げとなるべく違和感が無いように補修するのにはどうしたらよいか、この日は左官屋さんに来てもらって相談しました。
サッシ周りの補修

来週中には1期工事が終わり、お施主さんに工事が終わったところに生活の場を移動してもらい、第2期工事に入るようになります。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/772-4cb0be9e
trackback