八幡山の家―今年最後の現場
昨日は八幡山の住宅リフォームの現場の定例打ち合わせでした。

年内は現場も今週いっぱいなので、今年最後の現場定例打ち合わせになります。

ここの所、現場で対応しないといけない問題が毎回出てくるので、それに合わせて、このような詳細図を何枚も書いて、現場で監督さん、大工さんと打ち合わせを繰り返しています。
現場の打ち合わせ

先週、配筋と型枠を設置していた、階段周りの基礎補強コンクリートが打ち終わっていました。階段回り3方の壁を耐震補強するために、基礎の補強と、新たな基礎を作りました。
階段周りの基礎補強

2階の部屋の天井を斜めに高く貼るところで、新たにきれいな梁を入れています。大工さんは、筋違を入れる作業中。
新たな化粧梁の取り付け

ここは柱を抜いたので、はりのしたにもう一本梁を入れて補強しています。これをマクラ梁と言います、上の梁を抱くような格好になるからこう言うのですね。建築用語には面白い言葉がいろいろあります。
マクラ梁

これは先週悩んだところ。二階のユニットバスが入るところなのですが、ユニットバスを落とし込むと、斜めに入っている金属の火打ち梁に当たってしまうので、やはり一段下にマクラ梁を入れて、ヒウチ梁も下に下げるようにして解決しました。
マクラ梁と金属火打ち梁

工事は少し遅れ気味ですが、年明けから少し現場に頑張ってもらおうと思っています。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/782-12dd10ee
trackback