2013→2014
今年も残すところあと一日半、いろいろなことがあった2013年ももうすぐ終わりを迎えようとしています。

今年がどんな年だったのか少し振り返ってみると、仕事の面では量より質の年だったような気がします。
この一年で設計したのは、「ののの家」の新築工事と、八幡山の家のリフォーム工事の2軒でした。八幡山の家はリフォームとはいえかなり規模の大きいものですが、それでも年に2軒の設計ということは、一軒あたりにかなりの時間を割くことが出来ます。
工事に入ってからも、詳細図、原寸図を描いたり、現場で職人さんと打ち合わせて、現場の状況に合わせて図面を書き直したり、再検討したりという余裕もできます。
僕の先生だった、宮脇檀さんは、住宅の設計は時間をかければかけるほどよくなると言っていましたが、本当にその通りですね。

今年の、ののの家と、去年の逗子の家は、そういう意味でやりたいことが十分に出来た仕事でよかったと思っています。
やりたいことが十分にできるということは、お施主さんにも恵まれたということですが、来年はどんなお施主さんに巡り合うのか楽しみです。

その「ののの家」のお施主さんから、こんなクリスマスカードをいただきました。カードを開くと、「ののの家」が立ち上がってくるという凝ったものです。この家が気に入ってくれていることが伝わってきて、本当にうれしいクリスマスプレゼントでした。
ののの家のクリスマスカード

私生活では、9月にイスタンブールとローマに旅したことが一番大きな出来事でしょうか。

特にイスタンブールは初めてだったので、かなり興奮して建築を見てまわりました。
一人で、気ままな旅だったので、好きなものを見て、写真を撮りまくるという旅で、それはそれでとても良かったのですが、もう少しゆとりを持って楽しんでくれば良かったと少し反省するところもありました。
イスタンブールは、古いモスクの建物に魅せられて、旧市街だけで3日の予定を使い切ってしまったのですが、後から考えれば新市街にも行ってみればよかったと思いました。

でもやはり、旅をするということは常に新しい発見があってよいものですね。近いうちにまた、もう少し時間をかけた旅が出来たらよいなと思っています。
イスタンブールのバザールにて

来年もこのブログで、いろいろなことを書いて行きたいと思っています。これからもお付き合いしていただければ幸いです。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/783-7a1f01e1
trackback