八幡山の家―家具打合せ
2階吹き抜け周り

今日は今年初めての八幡山の家の現場打ち合わせでした。

現場では年末まであった階段が解体されていて、大工さんが階段周りの壁の補強工事を行っていました。この後、新たな階段を取り付けて、今までよりも上り下りが楽になるようになります。
階段周りの壁の補強

今日は家具屋さんに来てもらって、2期工事で取り付ける靴箱や洗面化粧台について打ち合わせを行いました。
写真のような、家具の施工図を家具屋さんが書いてきていて、これをもとに打ち合わせを行います。
手書きの図面

この様な詳細な施工図は、今ではパソコンを使ってCADと言う製図用のソフトで書くことが多いのですが、この図面は手書きです。しかもよく見たら、定規を使わずにフリーハンドできれいに書いてあります。これだけきれいにフリーハンドで書くのは並大抵のことではないはずです。
家具屋さんは、細かい仕事ですから手先が器用でないとできない仕事ですが、絵をかくのも上手なのに感心しました。

そういえば、この現場の大工さんのNさんは、趣味が絵を描くことで、油絵で展覧会にも出展しているとのこと、職人さんには、もともとそういう才能のある人が多いのですね。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/785-c417572e
trackback