建築知識 詳細図集
建築知識


雑誌「建築知識」の今月号は、納まり詳細図特集をやっています。
僕もこの特集に参加して、11人の建築家の1人として、木造住宅の床と巾木の納まり図と解説を担当しました。
今年の2月ごろから始まって、結構大変な作業でしたが、改めて、ディテールについて考える、良い体験になりました。

世の中に出回っている、標準ディテール集は結構古いものが多く、現在の技術、工法の変化に対応していないところが多いのではないか、と言う編集者の考えから始まった企画ですが、時間による変化だけでなく、人によって、ディテールに対する考え方がずい分違うことも面白いところでした。
出来上がった雑誌を見直してみると、よく出来た解りやすい特集になっていると思う反面、あくまでもこれは、標準ディテールとして参考にするものであって、一軒一軒の設計の中では、その建物にあったディテールを考えてゆかねばならないし、ディテールには無数のバリエーションが考えられるのだとも思えます。

ディテールは奥が深い。良い勉強になりました。
Posted by kozyken
category:
comment(4)    trackback(0)

comment
さっそく
書店で購入して、勉強します!

建築知識で納まりを勉強している人も多いと思うので、
やりがいのある作業ですね。
2008/05/30 12:20 | URL | edit posted by yamaguchi
責任重大
え! 建築知識で納まりを勉強するんですか~。

責任重大だなー
2008/05/30 13:53 | URL | edit posted by 小島建一
いるでしょう
納まりの参考にしてる人、結構いると思いますよ!
2008/05/30 15:15 | URL | edit posted by yamaguchi
そうですね
あくまでも、参考と言うことで
2008/05/30 17:18 | URL | edit posted by 小島建一
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/79-be3cf18c
trackback