八幡山の家―小屋の補強
昨日は八幡山の家の現場定例打ち合わせでした。

現場は先週からあまり進んでいませんが、先週問題になった2階寝室の小屋の補強工事が終わっていました。

写真の様に梁の繋がっていないところに新たな梁を入れて金物で補強して、火打ち梁と言う、斜めの材料を入れて固めています。
梁の補強部分

もう一つ、鉄骨の梁の上に載った丸太梁が固定されていない件は、写真の様にその上の束同士を両側から板材で挟んでボルトで締めるようにして固定しています。
丸太梁の固定

工事が遅れ気味なのは、このような予定外の補強が出てくることと、大工さんが一人でやっていることに寄ります。仕事に慣れた大工さんに丁寧な仕事をしてもらいたいのですが、工期が遅れればお施主さんにも迷惑をかけることになるので、難しいところです。
来週からはもう一人大工さんが入ってきて、屋根工事など別のところを進めてもらうことになったので、少しでも工期の遅れを挽回したいところです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/794-a88288b9
trackback