八幡山の家―屋根断熱工事
今日は八幡山のリフォーム現場の定例現場打ち合わせに行きました。

屋根の断熱材と通気垂木

現場では先週、屋根の瓦を撤去していたところに、断熱材の取り付けをしていました。

屋根の断熱は、屋根面で行う場合と天井面で行う場合がありますが、僕は最近はほとんど屋根面で、さらに屋根の下ではなく屋根の上、つまり外断熱でやるようにしています。
その理由は、天井面の断熱をきちっとやることが意外と難しいからです。天井面の断熱はセルローズファイバーの吹き込む場合などは良いのですが、グラスウールやロックウールの場合、上に置いてあるだけなので、断熱材と断熱材の間に隙間ができやすく、後からずれたりしてさらに隙間が広がることもあり、十分な断熱効果が出せないことも多いのです。
その点、屋根の野地板の上に施工する場合は、写真の様に全面にきれいに隙間なく並べることが出来ます。

今回使っているのは、硬質ウレタンフォームの両面にアルミ箔を張ったもので、50mmの厚さがあり、アルミ箔によって熱を反射する効果もあります。

写真の断熱材の上の桟木は、通気垂木と言って、この上にもう一度野地板を敷いてから屋根材を葺くようにするのですが、この通気垂木の間を空気が流れることによって、夏季の熱せられた空気を棟から排出すると共に、湿気がこもらないように考えています。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/798-cbf09608
trackback