建築現場の仮囲い
工事中の建築現場は足場を組んで、仮設のシートを張っていますね。大抵ブルーや白のシートで、建設会社のマークやロゴが入っているものが多いようですが、なんとなく殺風景な雰囲気がします。

スペイン広場、プラダの仮設シート

写真は、去年ローマへ行った時に見た仮囲いのシートです。場所は「ローマの休日」で有名なスペイン広場に面したところです。
そこにあるプラダの入ったビルが改装工事中だったのですが、その仮設シートがとても洒落ています。
ローマでも有数の観光地ですから、工事中とはいえ広場の雰囲気を壊すようなことは許されないと言う訳で、もともとの建物のファサードを全面に描いています。
周囲の建物と調和して、工事現場の殺風景な雰囲気を感じさせないところが素晴らしいと思いました。

イスタンブールで見かけた仮設シート

こちらは同じ旅行で、イスタンブールで見かけたもの。モスクのような歴史的な建物の改修をしている現場のようでしたが、同じように建物のファサードが仮設シートに描かれて、仮囲いの鋼板にもファサードと共に内部の写真がプリントされていて、デザイン的にもとてもきれいです。

日本でも最近は仮囲いに気を付けるようになってきましたが、緑があれば良いとばかり、植物の写真を全面プリントしたものなど、デザイン的にはまだまだな感じがします。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/801-286954c3
trackback