八幡山の家-ソーラーパネル取付
昨日は八幡山の住宅リフォーム現場の定例打ち合わせでした。

取付金物の取り寄せに手間がかかって取り付けが遅れていた太陽光発電のパネルがようやく取り付けられていました。全部で14枚、3.6KWの能力があります。
ソーラーパネル

外壁のモルタル塗りも先週で終わっているので、昨日はその上にペンキ屋さんがローラーで塗装仕上げをしていました。この壁材は、低汚染性、弾性があるというものです。つまり汚れにくく、下地のモルタルの細かなクラックに対して追従性があるということで、今回のような改修工事には向いているということで採用しました。
外壁の塗料をローラーで塗る

2階南側にあるテラスの床や屋根を剥がして、これから鉄骨に塗装をします。テラスの床は以前はプラスティックのものが付いていたのですが、静電気が起きて気持ち悪いという話があったので、サーモウッドのデッキ材を張る予定です。
南側2階のバルコニーの床と屋根を外したところ

内部では、先週取り付けが終わったキッチンの調理カウンターに、ガスコンロ、食洗機、水栓などが取り付けられて、料理が出来るようになりました。
キッチンの壁や天井の仕上げ工事がまだ残っているのですが、生活をしながらのリフォームなので、キッチンは使ってもらうようにしました。
使えるようになったキッチン

来週中には外部の工事も終わり、連休の中ほどで足場が外れる予定です。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/819-ebfdafe8
trackback