一楽荘の改修工事確認
先日「ののの家」のお施主さんの長野県富士見にある別荘、一楽荘に行って来ました。

一楽荘

前にも書きましたが、ご主人の松本に会った実家の古い旅館を移築したものです。
場所によって、明治、大正という古い由緒ある建物で、とても良い雰囲気なのですが冬がとても寒くもう少し何とかならないかと言う相談を受けて、去年の秋に建物の調査をしました。その結果を見て、簡単な図面を書いてこの建物の移築を行った大工さんに改修工事を頼んでおいたのが完了したので、工事の確認に行ってきたわけです。

この辺は冬の寒さが大変厳しく、-20度ぐらいになるということです。それに対して古い建物ですから気密性が悪く、移築の時の断熱材も入り方が少ない事が解り、その辺を中心に改修しました。

入口の引き戸は写真の様に引き戸で気密性が悪いので、雨戸を兼ねた大きな引き戸を付けてそっくりくるむようにしました。新しいのでちょっと色が古い建具と合っていませんが、
いずれ色が焼けて自然と馴染んでくるので、あえて塗装で色を合わせるようなことはしていませんでした。

入口の引き戸

内側から見るとこんな感じで、手掛けの部分を丸い穴と、四角い穴で遊んでみました。

引き戸を内側から見る

庭に面した縁側のガラス戸も、同じように気密性が悪いのでここは既製品のスチールの断熱雨戸にしましたが、戸袋は周りに合わせて木で作ったので、雨戸を引きこんでいるときは気になりません。
大工さんが気を使って、戸袋が蝶番で開くようにしてくれました。こうしておけば戸袋の中にごみが詰まったりしたときに掃除が出来ると言う訳です。

開閉できる戸袋

その他、アルミサッシを使っているところのガラスをLow-Eガラスに変えたり、床下に潜れたので、床の断熱材を追加したりしました。
新築と違って、まだ完ぺきな断熱にはなっていませんが、今までよりはだいぶ良くなったのではないかと思います。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/831-22ac0e03
trackback