法匠展開催中
ブログが少し滞ってしまいました。
仕事が忙しくなってきたところに、前回書いた、法政大学建築学科のOBによる展覧会「法匠展」が始まり、毎日のように会場に行っているので、全く暇がなくなってしまいました。
その「法匠展」も明日で御終いになります。

今回初めて写真を出してみて、うれしいことは、いろいろな方から意見が聞けることです。
今日も、昔住宅を設計したお施主さんでプロの写真家の方が見に来てくれました。光のとらえ方が良いと言われて、かなり喜んでいます。(多分にお世辞だとは思いますが)

この会は、建築学科出身者の会ですが、自分の仕事である建築作品を題してはいけないというルールがあって、あくまでも絵や写真、彫刻など趣味で作っているものを出すことになっています。とてもユニークな作品もあって、楽しめる展覧会なのではないかと思います。

学生のインスタレーション「Clear Plant」
会場はこんな雰囲気で、真ん中にあるのは現役の学生たちによるインスタレーションで、一枚一枚のパネルに、先輩から学生たちに贈る言葉が書かれています。

houshou2.jpg
これは似顔絵の特異なOBの作品。誰だか解りますか?

houshou3.jpg
これは正三角形の段ボールを張り合わせて作ったオブジェで、この中を抜けて上に上ると仙人になれると説明がついています。

houshou4.jpg
これは制作中のバイオリン。この人は去年はチェロを3年がかりで手作りして、会場で演奏してくれました。大変な根気のいる作業のようです。

houshou5.jpg
そしてこれが僕の4枚組の写真。去年ローマに行った時の写真なので、何回かブログにも載せましたが、写真店でちゃんとプリントして、額に入れて飾ると又雰囲気が変わります。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/833-2605d301
trackback