八幡山の家―写真撮影
先週の土曜日に、先月竣工した八幡山の家へ写真の撮影に行って来ました。

この家は、リフォーム工事だったので僕がデザインしたところと、まえの設計者のデザインがそのまま残っているところとが混在しています。

この居間の部分は床も壁、天井もサッシも全て新しくしていますが、デザイン的には前の設計者のデザインのままです。
リビングルーム

このキッチンも全て新しくしましたが、デザイン的には以前と変わっていません。
キッチン

この階段部分は階段が昇りやすいように新たに作り直したので、デザインも変わっています。玄関にあるベンチは靴を履くときのためのもので、縦の手摺につかまって靴を履いたり脱いだりできるようになっています。
玄関・階段

そして2階のこの部屋は、もともと子供室2部屋だったものを一つに繋いで、天井も斜めの高い天井に直しています。
2階の予備室

2階に新たに浴室を作ったので、この洗面室もトイレ兼用で新しく作りました。右側にある扉はウオークインクロゼットの入り口で、その先の寝室につながっています。つまり、お風呂から上がって、ここで着替えをして寝室に戻る、又は朝起きて寝室からここで着替えて洗面室で顔を洗うというような動線になっているわけです。
洗面室

これは、食堂にある太陽光発電のデーターを見るディスプレーです。いろいろなデータが見られるのですが、ここではこの2週間の発電量や、電気の使用量が表示されています。上に毎日の発電量、そして下に使用量が棒グラフになっていますが、多い日には使用量の倍ぐらい発電している日もあります。2週間のトータルで発電量が185.7kwh、使用量が135.6kwhなので、発電量が使用量を50kwhも上回っていることになります。
ソーラーディスプレイ

梅雨時で雨の日が多かったことを考えるとかなり良い成績ですね。
ご夫婦二人だけの生活で、あまりエネルギーを使わない生活と言うこともあるのでしょうが、このディスプレーを眺めていると自然に節電する習慣が付くということもあるようです。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/834-18c0f2d4
trackback