富岡小旅行
昨日の日曜日は、法政大学建築学科同窓会の女性ネットワークの企画で、上州富岡へ行って来ました。

我々が学生時代の先生だった大江宏の父上で、大江新太郎と言う建築家の作品を見るという企画です。大江新太郎は、明治神宮や神田明神の建築を手がけた、神社建築の設計で有名な建築家です。
昨日は、その大江新太郎の孫、つまり大江宏の息子さんで、去年まで法政大学の教授だった大江新先生も同行してくれて、いろいろと面白いお話も聞かせていただきました。

最初に着いた上信電鉄の上州富岡駅は設計競技で設計者を選んで、今年の春に竣工したばかりのモダンで明るい駅でした。
上州富岡駅

早速、市内にある旧櫛渕邸へ行きました。昭和13年竣工と言うことで、大江新太郎は昭和10年に亡くなっているので、設計はしたけれど完成を見ずに亡くなったということです。現在は「ときわ荘」と言う、割烹旅館として使われているので我々はここで見学のついでに昼食を頂きました。
旧櫛渕邸(ときわ荘)

玄関を入ったところの廊下は天井が凝っていてきれいでした。
天井の意匠に注目

ガラス戸の桟の組み方もとても手の込んだ美しいものです。
書院のガラス窓

雪見障子のようなガラス窓

外の窓の格子とその庇もとても凝ったものだったので、皆でしばらくああだこうだ言いながら見ていましたが、こういうところは建築家の団体だからと言えますね。
窓の格子と庇について議論する参加者たち

次に少し離れた丘の上にある、「社会教育館」へ行きました。ここは昭和11年の完成で、神道系の修練場だったようですが、今は公民館のような使い方をされているようで、2008年には有形文化財に登録されています。
「社会教育館」の門

庭に面して正面玄関を中心に左側の施設と、右側の渡り廊下の先の行動が繋がっています。
庭から渡り廊下行動の屋根を望む

講堂は天井が高く、格子天井の意匠が面白い形をしています。
行動内部

社会教育館の後は近くにある、一之宮貫前神社へ行きました。
この神社の面白いところは、総門をくぐってから、楼門、本殿へ行くのに階段を下ってゆくのです。我々の常識では、神社と言うのは階段を上った先に山を背にしてあるということなので、ちょっと不思議な感覚がします。下り参りの宮と言われているそうです。
貫前神社の楼門を見下ろす

楼門も凝ったものですが楼門をくぐって拝殿、本殿を見ると、極彩色に塗られた派手なものでちょっと驚きます。
拝殿と本殿

日光の東照宮を連想させますが、こちらの方が小さい分精緻な感じがしてなかなか良いものです。
東照宮を作った職人たちをこの近くに住まわせたという話もあるようですが、現在の社殿が東照宮と同じく三代将軍家光の命によって作られたことも関係あるのかもしれません。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/840-35ead877
trackback