ライフ
ライフ

ここの所仕事が重なって、ブログをなかなかアップすることが出来ず、2週間も間が空いてしまいました。

こんな時は映画でストレス解消、ということでDVDを借りてきてみたのが「ライフ」。
監督と主演がベン・スティラー。よく見る俳優だけれど名前を初めて知りました。
ちょっとコメディータッチの映画ですが、なかなかよくできた映画でした。

主人公のミティは空想癖のあるちょっとさえない男で、長年ライフ誌の写真整理係をしています。新しく入社した女性に片思いしているのですが、かっこいい姿を見せるのは空想の中だけ。
ライフは廃刊になる予定で、最終号の表紙を飾る写真がカメラマンのシェーンから送られてくるのですが、なぜか大事な写真だけが抜けています。シェーンはだれにも連絡せず常に移動しているので、連絡の取りようがない。そこからミティの冒険が始まります。
最初に行ったグリーンランドでは、一足違いでシェーンはアイスランドへ、世界中を追い回して、やっとヒマラヤの山奥で雪豹の写真を撮っているシェーンと出会うことが出来ます。
シェーンを追いかけているうちに、ミティは逞しい男になって、彼女ともうまくゆくようになります。
話の“みそ”は、だれにでもある空想だけの世界を、現実にするというところにあるのでしょうが、ストーリーが良くできています。

この映画にはシャーリー・マクレーンとショーン・ペンという2人の名優がほとんどチョイ役で出てきます。
シャーリー・マクレーンはミティの母親役で、彼が実家に帰るシーンで2度ほど出るだけですが、話しているときの顔がすごくいい。そしてショーン・ペンはカメラマン、シェーンの役でヒマラヤで出会ったミティとほんの2,3分話をするだけですが、これがまた話し方がとても良くて存在感があります。

この映画、二人の名優が出なければ、まままあ悪くない映画という程度かもしれませんが、この二人が出ることで見ごたえのある映画になっていると言えそうです。
それにしても、この二人はいいなー、と改めて思いました。
Posted by kozyken
category:映画
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/843-8eb6e921
trackback