銀座へ  同窓会
先週の週末は大学のウオークラリーで銀座へ行ったのだけれど、昨日も銀座へ行く。

今回は、高校の同窓会。毎年今頃になると銀座で高校の同窓会をやっている。今頃と言うのは必ず6月8日。僕たちは、その高校の68回生なので、六八会という名前で、毎年6月8日にやっているわけだ。これは解かりやすくて、この時期になると6月8日は予定を入れないようにしている。
高校時代の友達は、久しぶりに会っても、気が置けないし先生達も交えての昔話に楽しい時間を過しました。

同窓会が始まる前に、少し早めに銀座に着いたので、先週見そこなった、坂茂設計のスォッチのビルを見に行った。
エレベーターの使い方が評判になっていたけれど、確かに建築の良し悪し以前に、このエレベーターが面白い。

swachi

けして広くはない敷地の半分以上を吹き抜けの通路にして、そこに四角と円筒形のガラスの箱がランダムンに配置されていて、それがエレベーターになっている。それぞれのエレベーターがひとつの時計ブランドの店舗専用につながっているから、各店舗を回遊してみて歩くようにはなっていない。(実際には共用のエレベーターが一台あるのだが)
高級ブランドの時計を買う人たちは、最初からほしいブランドが決まっているということなのだろう。
エレベーター自身にも時計が飾られていて、ショウケースの役割も果たしている。
ためしにその一台のエレベーターに乗ってみると4階上の店舗に着き、ドアが開くと、いきなり、いらしゃいませと挨拶される。客は僕以外誰もいない。しばらく商品を見ているとどの時計も100万円以上のタグがついている。
気の小さい僕は、すぐにごめんなさいと謝って、エレベーターに乗って1階に戻ってしまった。時計はただの機械と思っている僕は、あんな時計誰が買うんだろうと、思ってしまった。
でも、気を取り直して、結局全てのエレベーターを試してみた。気が小さい割には我ながらずうずうしいとは思ったのですが。
地下がスウォッチのショウルームになっていて、ここは値段も安いので大勢の客でにぎわっていた。
Posted by kozyken
category:日記
comment(1)    trackback(0)

comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/20 09:56 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/85-8b2c2a29
trackback