山手の家-改修工事
横浜の山手の丘の上に14年前に設計した住宅の外部改修工事を行いました。

木造2階建ての住宅で、外装にサイディングを張った建物ですが、竣工してから14年が経て、そろそろ外回りに手を入れた方がよいのではと、お施主さんから相談を受けていたものです。
工事は、地元の改修業者に頼むということだったので、僕の方で材料や工事の方法についてアドバイスをして、出てきた見積りのチェックだけをするということにしましたが、先日無事工事が終わりきれいになりましたとお施主さんから写真が送られてきました。

改修の終わった外観

軒裏の見上げ

工事の内容は、主に屋根の塗装とサイディングのコーキングの打ち直しです。サイディング自体はもともと塗装なしで使っていて、特に傷んでいるところも見当たらないので、クリーニングだけで済ませました。
屋根に使う塗料はここの所ずいぶん進歩しています。少し単価が高いのですが、耐久性の高いフッ素樹脂塗料の遮熱タイプを使いました。遮熱タイプと言うのは、太陽光の熱を反射して、室内に入る熱を少なくするもので、夏の室温を下げる効果があります。

サイディングのコーキングは、一部劣化しているものの全体にはまだ行けそうでしたが、せっかく足場を掛けたついでなので、全て打ち直すようにしました。

今の木造住宅は、耐久性が昔と比べると格段に長くなっています。と言っても何もしないで良いわけではなく、今回の様に15年に一度ぐらいの改修をすれば寿命がかなり長くなるものと思います。

この住宅は、僕のホームページの作品集(新築工事)に出ていますので、良かったら見て下さい。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/858-42722b86
trackback