放射温度計
先日2回目の冬を迎えた市川市の「ののの家」に伺ってきました。

去年の冬はあまり寒さも感じずに快適に過ごしました、というお話を伺っていたので一度冬の様子を見せていただこうというつもりで伺いました。
しばらく前に「放射温度計」というものを購入したので、これでいろいろ測定もしてみようという理由もあります。

2階子世帯のスタディールーム

放射温度計というのは、物質の温度を測定する機械です。僕が買ったのは簡便なタイプのものですが、床や壁に向けてスイッチを押すとその部分の温度を測ることが出来ます。
冬の快適さを考えるときに室温だけを考えがちですが、実は壁や床、天井の温度も大事な要素になります。
壁や床の断熱が弱い部屋で、外気温が低い状態でエアコンをどんどんかけて何とか室温を20度に保ったとします。その時に壁の温度が13度か14度位しかないとその低い輻射熱で人体は寒さを感じてしまうわけです。逆に室温に近い温度に床、壁、天井がなっていれば、室内の温度差も少なくなり快適に感じることになります。

「ののの家」は1階にご両親が、2階に子供世帯が住む二世帯住宅で、1階は床下にアクアレイヤーという水の入った袋を設置して、深夜電力で蓄熱して暖房しています。2階は普通のエアコンが一台あるだけです。

まず1階から測定してみました。午後1時ごろで、外気温は12℃と比較的暖かい日です。
暖房は深夜電力なので朝から切れていますが、室温は22℃ありました。床の温度がやはり22℃、壁は方位によって変わりますが、22℃から18度位、天井が20度という状態でした。これはかなり理想的な状態で、お年寄りご夫婦ですが補助にと考えているエアコンも使わずに快適に過ごしていますということでした。ちなみに深夜電力を利用した床暖房の電気料金は月に5000円程度ということです。

次に2階の子世帯の方を測定しました。こちらは不思議なことにほとんど暖房なしで生活しているという話でした。
2階は日当たりが良いこともあり、この日の室温は暖房なしでも20度になっていました。この時の床の温度は20℃、壁が17.5℃から19.5℃、天井が20℃でした。これもかなり良好な状態です。

放射温度計

ちなみに写真に写っているゴムの木は竣工祝いに僕がお贈りしたものですが、その時の倍ぐらいの大きさに育っていました。部屋の環境が良いので植物も喜んでいるようでした。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/871-d1b3cd21
trackback